ご予約はこちら

宿便り

夏といえば八色西瓜。八色西瓜といえば夏が来る!

夏といえば八色西瓜。八色西瓜といえば夏が来る!

IMG_7311
甘〜い八色西瓜を食べに来てください。

“八色”とは、「春から秋にかけて八色(やいろ)の草花<こぶし・桜・つつじ・藤・チューリップ・椿・ひまわり・コスモス>が咲き乱れる原=八色原(やいろはら)」という意味で、そこから収穫される西瓜を『八色西瓜』と命名されました。

この『八色西瓜』の歴史は古く、大正末期から昭和初期に大和町(現南魚沼市)の三用地区を中心に栽培が始まりました。当時の種苗は、自家採種で品質改良は行わず(現在は、一代交配の購入種子を使用)、作付面積も一戸当り1~10アール程度でした。収穫された西瓜は小規模ながらも『八色西瓜』の名で販売され、魚沼・長岡・新潟方面に拡大しました。

「夏といえば八色西瓜。八色西瓜といえば夏が来る」といわれ、夏の風物としてなくてはならないものとなっています。




pagetop