• HOME
  • >
  • いやし隊奮闘ブログ
いやし隊奮闘ブログ

ゴールデンウィーク真っ只中

水曜日 2017年5月03日 • コメントする 

ゴールデンウィークも半ばとなりました。

今日から5連休。お天気も続くようですね。

5月の滝乃湯のイベント!何でしょうね?好ご期待下さい〜(≧▽≦)


カテゴリー 癒し隊奮闘ブログ


水曜日 2017年5月03日 • コメントする 

从来只能在电视里看到的美景,中午亲眼看到了,樱花确实很美👍

国の友達にも見せるたいですね、湯沢ではこんな美しい景色が見れますよ^ ^


カテゴリー 癒し隊奮闘ブログ


櫻の樹の下には

火曜日 2017年5月02日 • コメントする 

 

 

こんにちは、佐藤です(‘ω’)ノ

 

 

突然ですが、

「桜の木の下には死体が埋まっている」

なんて言葉がありますよね。

そもそも何故そんなふうに言われるのだろう、と

散る桜を見ながら悶々としていました(笑)

 

 

 

調べたところ、昭和3年(1928年)に梶井基次郎という小説家が書いた

『櫻の樹の下には』という短編小説が基になっていたようです。

桜の花はなぜあんなにも美しいのか。信じられない。美しいのには何か理由があるはずだ。

美しい桜を見て不安になった主人公は

「桜の樹の下には死体が埋まっている!」=だから桜は美しい

という結論に至ります。

美しさと対極にある醜いものを想像したようです。

いったいどこから浮かんできた空想かさっぱり見当のつかない—

なんて書いてあるので、これ以上は探れません(´・ω・`)

不思議な小説ですね。

 

 

 

もうひとつ基になっていたのが桜染め

桜染めは花びらから染色するのではなく、枝が含むピンクの色素を使って染色する手法だそうです。

しかし、

「枝には死体から吸い上げた血が含まれていて、抽出したピンク色は血の色ではないか?」

なんて憶測が広がったようです(笑)

 

「桜の花びらは元々白いが、死体から血を吸うことでピンク色になるのでは?」

なんて憶測もあったらしく・・・

 

これらの憶測は科学技術なんて無かった時代のものなので、

こんな考え方がされたのも納得できます(笑)

今はなんでも分かっちゃう時代ですからね・・・

つまらないですね。

 

 

個人的に気になったことを書かせてもらいました(笑)

ではまた手 (パー)

ちひろでした~

 

 

Twitterもやってます(‘ω’)

 

 


カテゴリー 癒し隊奮闘ブログ


月曜日 2017年5月01日 • コメントする 

こんばんわ!

今日から五月ですよ❗️

はやいですね

そしてゴールデンウイーク始まってます!

まだお部屋の空きがございますので

是非お越しください!

👌🌸


カテゴリー 癒し隊奮闘ブログ


どうも

金曜日 2017年4月28日 • コメントする 

 

どうもたきです。

 

春ですね。

4月ももう終わりますね。

 

晴れが続く毎日

それでもまだ私には肌寒いくらいです。

 

 

今年は花見してないな…(実際興味はない)

 

景色には興味あるんですけどね。

 

 

 

今年はアクティブになれたらな…なんて思ってみたり

 

色々と興味をもって生きていこうかな晴れ

 

 

 

以上たきでした。サヨナラ


カテゴリー 癒し隊奮闘ブログ


pagetop